レディー

社会保険労務士の勉強は独学では困難┃講座を受講しよう

働きながら学べる学校

パソコンを触る男性

教育系の情報サイトでは通信制の専門学校の情報も紹介されており、サイト経由で資料請求もできるので便利です。自宅学習とスクーリングの受講が必須条件なので、計画的に勉強して卒業と資格取得を目指す姿勢が大切です。

詳しくはこちら

話題の通信教育

タブレットを持つ女の子

スマイルゼミは専用タブレット使う新しいスタイルの通信教育として評判になっています。書き心地が自然で記述がしやすく、リーズナブルな価格設定も好評です。保護者による見守りシステムもあり、子供の学習の進捗状況を確認したり、タイムラインで会話をすることができます。

詳しくはこちら

差がつく勉強方法

勉学

社会保険労務士の勉強をする上でまず重要なことは講座選びです。もちろん独学で学習する方法もありますが、難しい法律用語も多いため何かしらの講座を受講してサポートを受けることをお勧めします。数ある講座の中から合格できるものを選ぶ上では「労働経済」と「厚生労働白書」への対応をきちんとしてくれる講座を選びましょう。この2点は、社会保険労務士試験の中でも点が非常に取りづらい項目として知られています。範囲が広く、その年の傾向を把握していなければならないため、テキストを勉強しただけでは得点に結びつきにくいためです。そこで、ここをしっかり対策していれば他の受験者に差をつけ合格に近づくことができます。いまは通信講座も充実しているので、それを活用するのも一つの方法です。

労働経済と厚生労働白書は科目的には「労務管理その他の労働に関する一般常識」で問われる内容です。ここを対策するには、労働経済や厚生労働行政の現状や今後の見通しを統計データなどを含めて把握しておく必要があります。それらを個人ですべて把握することはかなり難しいため、社会保険労務士試験で問われるポイントを講義や資料でまとめてくれているような通信講座などを受講することで対策をしましょう。また、労働経済の現状は新聞やニュースでも話題にされることがあるため、普段からそういった報道には目や耳を傾けてみるのも良いかもしれません。過去問でも過去の傾向が勉強できるため、現状とは多少の誤差があるかもしれませんが、傾向を知る上では決して無駄にはなりません。こういった対策で社会保険労務士試験で他の受験者と差をつけていきましょう。

論理力を鍛える

原稿用紙

論理性が必要とされる文章として小論文が挙げられます。この小論文ですが、能力を高めるトレーニングがしにくいという特徴があります。そのため有料の添削サービスを利用すると効率的にトレーニングできるでしょう。ただ添削されたものをそのまま出すのは避けた方がいいです。再添削や急ぎの場合には追加料金がかかることもあるので、確認しておきましょう。

詳しくはこちら